髪の毛の構造を知る

まずは髪の毛の構造を知っておきましょう

 

我々にとって髪の毛とはとても大切な部分であり、髪の毛が薄くなると本当に絶望してしまうものです。

 

残念なことに髪の毛で第一印象がいっきに変わりますし、何よりもヘアスタイルを楽しむことによって、気分もとても変わりますしね。

 

そんな我々にとってなくてはならない、髪の毛。
その髪の毛の構造をあなたはご存知でしょうか!?

 

 

そもそも、髪の毛というのは適当にだらだら伸びているわけではないのです。
あの細い一本一本の毛でも、作りは複雑でなんと三層構造のつくりになっているのです。

 

では、その構造はどのようになっているのでしょうか?
構造を詳しくみてみることにしましょう。

 

 

まず、髪の毛の芯の部分を果たしている毛髄質(メデュラ)という部分があります。

 

そして、我々の髪の毛の質感や色を決めてくれる、とても重要な部分である毛皮質(コルテックス)という部分。

 

一般的に良く聞く髪の毛の外側を覆う毛表皮(キューティクル)という三層構造のつくりになっているのです。

 

ちなみに、キューティクルは髪の毛のツヤや手触りといった部分に影響を与える部分ですね。
髪の毛が健康であればあるほど、髪の毛がやはりいい状態なのは当然なので、しっかりと髪の毛のケアをすることが大切なのですがそれだけでは薄毛を治すには知識不足。

 

実は髪の毛が生えている部分、つまり頭皮に髪の毛がくっついている部分をしっかりと意識することが薄毛ケアでは大切です。
ですから次は、薄毛を治すのに知っておくべき情報である頭皮と髪の毛がつながっている部分もみていきましょう。

 

 

頭皮の表面から出ている部分を毛幹部、逆に埋もれてしまってる部分を毛根部といいます。
そして、よくヘアケア商品のCM等の画像で見られる、毛根の下の部分の膨らんでる部分のことを毛球といいます。

 

さらにこの下の場所にある部分を毛乳頭といいます。
あんな細い髪の毛でも、こんなにしっかりとした構造になっているのですから、凄いですよね。

 

そしてその毛乳頭に栄養を運んでくるのが毛細血管です。
薄毛が進んでいる方のほとんどはこの毛乳頭への栄養が不足しているか、頭皮が詰まっているか、男性ホルモンが関係しているようです。

 

 

つまり薄毛が進行している人はこの毛乳頭が弱っていることがかなり多いです。
あなたの頭皮は固くないですか?
固いなら血行が悪く毛乳頭に十分な栄養がいきわたっていない可能性が高いですね。

 

この毛乳頭に十分な栄養と酸素を与えることが薄毛を治す第一段階であると意識しておいてください。

 

まずは髪の毛の構造を知り薄毛のケアをしていきましょう。


何を使ってもダメな時はこの育毛剤を使え!これなら必ずハゲが改善できる!!

育毛効果の高いキャピキシルが5%、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)が2%も配合!
より育毛成分を頭皮に浸透させるためカプサイシンも配合された効果の高いスカルプエッセンスです。


これ1本だけでも軽度の薄毛なら簡単に治すことが可能な現在最強と言われている育毛剤。
実際に薄毛を治した人が多く、多くの人達に支持されている育毛剤の中では有名なものです。