髪の毛と生活習慣の関係 食事

髪の毛と生活習慣の関係 食事

 

 

みなさんは髪の毛に良い食べ物があることを知っていますか?

 

この髪の毛に良い食べ物を普段の食事にうまくとりいれて摂取することで、薄毛の予防にもなりさらには発毛へとつながります。

 

 

髪に良い食べ物1  イソフラボンとカプサイシン

 

食べ物のポイントとして、まず良質のたんぱく質を取ることがおすすめの1つとしてあげられます。

 

髪の毛というのは、主原料が20種類ほどのアミノ酸から作られているたんぱく質なので、薄毛を治すにはたんぱく質がとても大事な要素になるんですよ。

 

良質なたんぱく質は納豆や豆腐といった大豆系からとるのがおすすめです。

 

統計上でも大豆に含まれるイソフラボンは体にもよく、低カロリーの食べ物ですし、何より手にいれやすい食材といえますよね。

 

また唐辛子に含まれるカプサイシンも薄毛の回復に効果があるのです。

 

ですから積極的にこれらの食べ物、とくに大豆と唐辛子を摂取することをおすすめいたします。

 

髪に良い食べ物2  亜 鉛

 

さらに、脱毛予防に効果的だといわれている成分が亜鉛です。

 

亜鉛が不足してしまうと、成分であるケラチンの合成がうまくいかなくなってしまい、結果的にしっかりとコシのある髪の毛ではなく弱い髪の毛になってしまいます。

 

亜鉛は海藻類やアーモンド等に含まれていますので、うまく食材で摂取するように努力しましょう。

 

しかしここで、注意したいのが亜鉛の過剰摂取なんです。

 

過剰摂取は体にあまりよくありませんからね。何ごともほどほどに摂取するのがいいかと思いますよ。

 

髪に良い食べ物3  ノ コ ギ リ ヤ シ

 

また、栄養成分ではありませんがノコギリヤシを摂取することで抜毛が大きく減少することをご存知ですか?

 

ノコギリヤシは抜毛の原因であるDHTを阻害することで知られていて薄毛ケアでは必須のアイテムなのです。

 

今では育毛サプリメントで亜鉛やノコギリヤシ、イソフラボンなどが配合されたものがあるので必ず使用しておきましょう!

 

 

亜鉛やノコギリヤシを配合した育毛サプリがコチラ ⇒ 薄毛対策のサプリ

 

髪の毛に良い食べ物4  ネ バ ネ バ の 食 べ 物

 

そして最後に意外にも思われるかもしれませんが、薄毛には粘り気のあるものを摂取するのもおすすめ。

 

粘り気のあるものといえば、納豆やオクラ、長いもやレンコンなどの類のものですね。

 

では、なぜこれらの粘り気のあるものが髪の毛にいいのか。

 

それは効果として、髪のハリや艶をよくしてくれる効果があったり、髪の毛が痛みにくくなるのだそう。

 

 

これらの食材を上手に日常にとりいれて、髪の毛とうまくつきあっていきたいものですね。

何を使ってもダメな時はこの育毛剤を使え!これなら必ずハゲが改善できる!!

育毛効果の高いキャピキシルが5%、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)が2%も配合!
より育毛成分を頭皮に浸透させるためカプサイシンも配合された効果の高いスカルプエッセンスです。


これ1本だけでも軽度の薄毛なら簡単に治すことが可能な現在最強と言われている育毛剤。
実際に薄毛を治した人が多く、多くの人達に支持されている育毛剤の中では有名なものです。