髪の毛と生活習慣の関係 ストレス

髪の毛と生活習慣の関係 ストレス

 

 

生活をする以上、どうしてもストレスってたまりますよね。

 

外で一生懸命働いているとやはり色々ありますし、そうでなくても人間関係で疲れてしまうこともよくある話。

 

ですが、このストレスをうまく発散しないでため込んでばかりですと、髪の毛にも影響を与えてしまいまうのです!

 

 

では、なぜこのストレスが髪の毛に影響を与えてしまうのかを考えていきましょう。

 

ストレスというのは私達の体内にある自律神経を緊張させてしまいます。

 

自律神経を緊張させてしまうと、その結果として睡眠不足になったり毛細血管が収縮してしまいます。

 

毛細血管が収縮してしまうことで、頭皮を含めた体の血液の循環が悪くなってしまうということ。

 

頭皮への血行が悪くなると、毛乳頭へ十分な栄養を送ることができなくなり薄毛が進行するのです。

 

 

髪の毛を育ててくれる細胞は実は、このストレスが比例して髪の毛に悪影響を与えてしまうのです。

 

ストレスによる薄毛の影響はみなさんもよく耳にする円形脱毛症ですね。

 

また、全体的に薄毛が進行している人もストレスが引き金になっていることも多いようです。

 

ストレスを完全に無くすことは難しいので、趣味を持ったりたっぷりと寝て気分を落ち着かせたりするのが良いかも。

 

それでもダメな場合は精神科で安定剤を処方してもらうことを視野に入れておくと良いでしょう。

 

イライラや不安などで辛い人にはコチラのお薬が効果的です ⇒ オーロリクス(Aurorix)150mg

 

 

ですが、この精神的ストレスのほかにもう1つのストレスとして、髪の毛に直に与えるストレスもあります。

 

 

そのストレスがどのようなストレスかといいますと、いわゆる物理的なストレスです。

 

わかりやすく言うと、おしゃれ・みだしなみ ですね。

 

頻繁なカラーリングやパーマ、そしてヘア用品によるお手入れは髪の毛にストレスがかかってきます。これらはもちろん、髪の毛に影響を与えていますよ。

 

ですから、そのような「おしゃれやみだしなみ」をするときはしっかりと適度を守ってください。

 

そして、できれば髪の毛をいたわるために、ヘッドスパやサロンといった髪や頭皮のメンテナンスを心掛けてみるのも良いでしょう。

 

髪の毛を大切にしたいばかりに手入れしすぎるのも、髪の毛にストレスを与えてしまうのでこれはこれで気を付ける必要があります。

何を使ってもダメな時はこの育毛剤を使え!これなら必ずハゲが改善できる!!

育毛効果の高いキャピキシルが5%、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)が2%も配合!
より育毛成分を頭皮に浸透させるためカプサイシンも配合された効果の高いスカルプエッセンスです。


これ1本だけでも軽度の薄毛なら簡単に治すことが可能な現在最強と言われている育毛剤。
実際に薄毛を治した人が多く、多くの人達に支持されている育毛剤の中では有名なものです。