髪の毛に良い食べ物とは

髪の毛に良い食べ物は何があるでしょう

 

 

体にとって良い食べ物を摂るという事はは、健康的な生活を送るためにはとても大切なことですよね。

 

これは髪の毛にも言えることです。

 

ですから、健康的なしっかりとした強く太い髪の毛を作ったり保つことは、習慣的に髪に良い食べ物を食べることがとても大切です。

 

 

では髪に良い食べ物が何かと言いますと、昔からよく聞くワカメや昆布といった海藻類。

 

この理由としてあげられるのは、我々現代人にはミネラルが不足しているからです。

 

実はこのミネラルは体内で作ることができないので食べ物からしっかりと摂取する必要があるんですよ。

 

特にモズクは髪の毛を太く丈夫にする成分に富んでいるので、習慣的にモズクを食卓に取り入れたい一品です。

 

 

そして次に髪の毛に必要なものがたんぱく質。

 

髪の毛は、約90パーセントがタンパク質で出来ています。

 

このタンパク質ですが、ケラチンと呼ばれているもので、このケラチンが作られるのに必要な元のアミノ酸である、メチオニンと呼ばれるものに注目しましょう。

 

これは体の中では作ることのできない、必須アミノ酸なのです。

 

体の中では生成することができません。

 

ですから、しっかりと食事でタンパク質を取らなければ髪の毛に必要な栄養素が不足してしまうわけなのです。

 

 

ここで、おすすめなのがまず

 

卵はこのタンパク質だけではなく、髪の毛に必要な成分、セレニウム、亜鉛、鉄、ミネラルなどの栄養素が豊富にしっかりと含まれています。

 

そして次にナッツ類

 

ナッツ類にも、髪の毛に良い栄養がしっかりと含まれています。

 

アーモンド等は、亜鉛を多く含みますので、脱毛を防いでくれたり、クルミはオメガ3脂肪酸が豊富ですので、コンディショナーのような効果も得られます。

 

このように、体の中からも良い栄養分を与え、内部からも外部からもしっかりと髪の毛に栄養を与えることが何よりも大切です。

 

 

最後に髪の毛にとって良いものがイソフラボンとカプサイシンです。

 

この2つは研究で発毛に効果があると実際に検証さてれいるものです。

 

被験者に毎日唐辛子のかかった豆腐を摂取させたところ、なんと90%もの人が発毛効果を実感しているそうです。

 

だからできれば毎日食べておきたい商品といえますね。

 

レポートでは1日1食は豆腐にキムチなど唐辛子をふりかけたものを食べると薄毛改善に繋がるそうです。

何を使ってもダメな時はこの育毛剤を使え!これなら必ずハゲが改善できる!!

育毛効果の高いキャピキシルが5%、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)が2%も配合!
より育毛成分を頭皮に浸透させるためカプサイシンも配合された効果の高いスカルプエッセンスです。


これ1本だけでも軽度の薄毛なら簡単に治すことが可能な現在最強と言われている育毛剤。
実際に薄毛を治した人が多く、多くの人達に支持されている育毛剤の中では有名なものです。