髪の毛に悪い食べ物とは

髪の毛にとって悪い食べ物とはなんでしょう

 

 

体に悪い食べ物ばかりを好んで摂取していると、もちろん髪の毛にも悪影響を与えてしまいます。

 

体に悪い食べ物をたくさん摂取していると、せっかく髪の毛のケアをしているのに効果を実感することができないという結果にもなりかねません。

 

 

髪の毛に悪いものとしてあげられるのが、大好物だという方も多いお酒

 

このお酒の成分であるアルコールが問題となります、ついついお酒を呑みすぎる人も多ですよね。

 

実はこの呑みすぎに注意が必要なのです。

 

お酒を飲みすぎると代謝のために肝臓に負担をかけてしまうのですが、この肝臓に負担をかけることが髪の毛によくないというわけです。

 

お酒で肝臓に負担をかけてしまうと、肝臓が弱ってしまいますがこの弱るということが薄毛が進む原因にあげられるのです。

 

実は肝臓は、髪の毛のタンパク質をつくってくれる大切な体の部位。

 

そこを弱めてしまうと、髪の毛にも大きく影響を受けることになるので、注意が必要かと思います。

 

また、アルコールを代謝して尿素に変換する時に大量のビタミンを消費します。

 

お酒を呑むこと自体は悪いことではないのですが、寝酒だけは控えるようにしておいてください!

 

夜中のゴールデンタイムにお酒が残っていると、頭皮を回復するための栄養が不足するためです。

 

 

 

そして次にあげられるのが、動物性の脂を含んだお肉などの食べ物です。

 

しかしお肉は体にとって大事なタンパク質の要素としてもあげることができますし、日常的にもよく口に入れる機会も多いですよね。

 

食べないで生活するというのは無理といっても過言ではないかと思います。

 

こちらも、摂取のしすぎが問題となります。

 

ギトギト脂のお肉は食べ過ぎてしまうと、やはり髪の毛によくありません。

 

 

いわゆるファストフードは基本的に脂が多いものが多く、髪の毛には良いとはいえないので、脂っこい食べ物が大好きな人も控えるようにすることが大切です。

 

太っている人に薄毛が多いのもこれが大きく影響を及ぼしていると言われていますね。

 

人それぞれ食べ物に好みがあって、いきなり自分の大好物をやめるとなるとやはりストレスもたまり、なかなかやめることができないと思います。

 

だから徐々に減らしてみるというのも薄毛のため、そして健康のためであると考えておいてくださいね。

何を使ってもダメな時はこの育毛剤を使え!これなら必ずハゲが改善できる!!

育毛効果の高いキャピキシルが5%、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)が2%も配合!
より育毛成分を頭皮に浸透させるためカプサイシンも配合された効果の高いスカルプエッセンスです。


これ1本だけでも軽度の薄毛なら簡単に治すことが可能な現在最強と言われている育毛剤。
実際に薄毛を治した人が多く、多くの人達に支持されている育毛剤の中では有名なものです。