男性型脱毛症(AGA)について

男性型脱毛症(AGA)とは一体どんなもの?

 

 

抜毛の種類の項目でもご紹介した男性型脱毛症
こちらについて今回は深く掘り下げていこうかと思います。

 

男性型脱毛症(AGA:AndrogeneticAlopeciaの略)とは男性ホルモンが大きく影響を与えている脱毛症でしたよね。

 

 

この男性型脱毛症の治療方法はAGA治療法といい、多くの方が専門家の下で治療を受けている脱毛症なのです。
AGA治療では、個人それぞれ異なる生活環境や原因等にも対応してケアすることが大事とされています。

 

自分はまだ大丈夫だと安心しているあなた!実は、男性型脱毛症は日本人男性の約30パーセントにこの男性型脱毛症の傾向がみられるのですよ。

 

 

実は人間だけではなく、他の動物にも男性型脱毛症と同じ症状が見られるそうですね。
人間だけではなく、他の動物も実は、男性脱毛症で悩んでいるかもしれません・・・!?
結構身近な脱毛症といえてしまいますよね。

 

 

この男性型脱毛症というのは遺伝傾向もあるとされているのですが、実は原因となる遺伝子がまだ見つかっていないそうです。
(私は男性型脱毛症とは親からの遺伝ではなく、親と同じ生活環境をしていることが原因だと考えてます。)

 

 

AGAは髪の毛が十分に育たない事が原因で、徐々に細く短い髪の毛が増えていき全体的に薄毛が目立つようになっていきます。
本来ならばちゃんと髪の毛が育ち、太く長い髪の毛が育っていくのですが、AGAの場合はDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が脱毛部に多く存在し、これが髪の毛の成長を妨げているのです。

 

 

じゃあ、治療法はどのようにすれば良いのでしょうか?

 

実は男性型脱毛症は治療法も実にさまざま。
ホルモン剤の投与や、血管拡張剤の使用、栄養剤の投入、などがあげられるほか、器具を利用した発毛促進方法もあります。
器具として上げられるのは、タッピングやバンド、そして電気磁気治療器です。

 

現在有効な治療としてはフィナステリドやミノキシジルという薬や育毛剤、育毛サプリメントが発毛クリニックなどで使用されています。

 

 

AGAはゆっくりと抜け毛と薄毛が進行していきます、実際に私も知らないうちに頭頂部と生え際が薄くなっていました。

 

ただし、薄くはなってもうぶ毛が残っているので、それが太く長く育つ可能性は十分にあります。
私を含めて薄毛を克服している人はこの残った産毛を太くしていくことで元の髪の毛に戻していると言うわけなんです。

 

ですので、AGAの疑いがあるからといって、決してあきらめたりする事はありません。
的確な治療をする事によって、改善される道が十分にあるのです。

 

 

AGAには複数の改善方法がありますので、自分にあった方法で男性脱毛症を改善していくことが何より大切なのではないでしょうか。

 

この項目では薄毛になっていても実は髪の毛は毛穴からちゃんと生えていて産毛として残っていると言うこと。
その産毛をまた太くすることで薄毛は治るということを理解してください。

 

別の項目でAGAを治す方法を詳しく載せていきますのでそちらを参照してください。

何を使ってもダメな時はこの育毛剤を使え!これなら必ずハゲが改善できる!!

育毛効果の高いキャピキシルが5%、ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)が2%も配合!
より育毛成分を頭皮に浸透させるためカプサイシンも配合された効果の高いスカルプエッセンスです。


これ1本だけでも軽度の薄毛なら簡単に治すことが可能な現在最強と言われている育毛剤。
実際に薄毛を治した人が多く、多くの人達に支持されている育毛剤の中では有名なものです。